認定中古車の購入

輸入中古車は、日本製の中古車よりも故障が多いといったイメージが持たれています。
それでも、ブランド力と高級感の持てる輸入車を、中古車であれば割安で所有出来るメリットがあります。
そこで、正規輸入ディーラーが、中古車の所有経歴が明確で、整備もきちんと行われたことを保証した認定中古車があります。
このように、正規の輸入ディーラーが認定をしている、輸入中古車であれば、購入後の故障も少なくリスクが軽減されます。
また、中古車であっても購入後1〜2年間の保証を付けて貰えるので、万が一の時でも安心です。

 

正規輸入ディーラーが試乗会や展示会で用いた輸入車も、同様にディーラー認定の中古車扱いとなりますが、ほぼ未使用なことから特に人気が高くなります。
正規輸入ディーラーが認定を行っている中古車は、並行輸入中古車などを扱う輸入業車と比較すると、同じ中古車でも割高になってしますことは認識が必要です。

 

但し、売却時には、経歴等がはっきりしている認定中古車の方が、買取業者の信頼も得られて査定は高くなることになります。
また、人気の無い車種であれば、輸入車であってもかなり格安で購入出来る可能性があります。
もしも、乗り潰す覚悟であれば、購入することも否定出来ませんが、短期間での買い換えを考えて下取りに出す可能性があるのならば、人気の無い車種の購入はお勧めが出来ません。
輸入中古車の売却は容易いものでないことを念頭においた、車選びが必要といえます。

 

 

 

>>>トップページ